外国人のための「生活の漢字」教室 ご案内

多文化共生センター主催の漢字教室が開催されます。

毎年とても人気の高い講座ですのでご紹介!

内容は・・・
・パソコンを使って、楽しく漢字を勉強します。
・ひらかな・カタカナ・漢字を使って文を書きます。

日時: 2016年6月28日~2016年11月15日
毎週火曜日(全20回)
★初級クラス 昼 1:30~3:00
★入門クラス 昼 3:15~4:45

※生後6か月以上の無料保育あります。
募集人数: 各クラス20名(先着順)
場所: 大阪市立総合生涯学習センター
申込み締め切り: 2016年6月15日(水)

申込方法などの詳しい案内はチラシをみてください →チラシ


多言語絵本の会RAINBOW

リンクに追加しました。

「多言語絵本の会RAINBOW」では、多言語で本の読み聞かせの活動をされています。

サイトに掲載されているお話は、YouTubeで聴くことができるようになっています。様々な言語を聞くことができるのでとても興味深いです。
日本に住んでいる子どもたちだけでなく、海外の人も見て楽しむことができそうです。

Webサイト
http://www003.upp.so-net.ne.jp/ehon-rainbow/
Facebook
https://www.facebook.com/rainbow.ehon

(東京在住会員からのお知らせ)


永井さん表彰授与の会ご報告

2月13日(土)に行われました「永井慧子さん、平成27年度文化庁長官表彰授与の会」の写真と、永井さんからのご挨拶を掲載しました。

文化庁長官表彰授与の会


ボランティア活動紹介について

大阪にほんごボランティアネットワークは、日本語学習支援ボランティアとして活動されている人や、支援に興味のある人が会員となり、お互いに情報交換などを行うことを目的としています。

当ネットワークがボランティアを募集したり、教室を紹介する等は行っていません。

ボランティアをしたいのだけど・・・と思っている方は、
おおさか識字・日本語センター」のサイトで検索するか、
市町村の窓口で問い合わせてみてください。


お知らせ

永井慧子さんの文化庁長官表彰に当たり、
下記日程で表彰授与の会が開催されます。

日時:2月13日(土)14:00から
場所:大阪市立総合生涯学習センター メディア研修室

ご本人に直接お祝いのことばをお伝えしようと思っている方は、
どうぞお寄りください。


嬉しいお知らせです

当ネットワークの創設メンバーのおひとりでもある、会員の永井慧子さんが、平成27年度文化庁長官表彰を受けられることになりました。

詳しくはコチラ→ http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2015112601.html

日本語教育と外国人支援に長年に渡り活動されてきたことが、このように評価されることは、当然のことでもあるのですが、同じ会に参加している私たちも嬉しくまた活動の励みにもなります。

永井さん、おめでとうございます!!

大阪にほんごボランティアネットワークでは、永井さん宛てのお祝いメッセージを募集いたします。

どうぞメールでお送りください。お送りいただいたメッセージは全て、プリントして永井さんご本人にお渡しいたします。

メールアドレス linley_22@yahoo.co.jp

\(^o^)/

 


「日本語と世界の文化について話そう!」開催しました

☆10月4日(土)、イベント無事終了です。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
ゲストとしてお話をしてくださったラーマンさんと、美味しいナシゴレンとテータレを披露してくださったラーマンさんのお兄さんと共に、楽しい時間を過ごすことができました。

20141004 2ra-man2ra-man1

 

 

 

 

★参加してくださった方から感想や、今後期待するイベントや講座についてご意見をいただきました。

  • 試食もあり、ラーマンさんの楽しい話、ビデオも見れて、あっという間の時間を過ごさせて頂きました。マレーシアの事がちょっぴりわかりました。
  • 楽しい企画また、楽しみにしています。
  • 短い時間なのにマレーシアのことを色々知ることができ、美味しいナシゴレンも食べることができ、充実した時間でした。楽しかったです。ありがとうございます。
  • マレーシアにとても行きたくなりました!!楽しい時間をありがとうございました。
  • 楽しかった!!(異文化にふれて)
  • 楽しかったですね。
  • 色々な文化にふれる講座
  • 東南アジアの国の事を知りたいです。
  • マレーシアのことがたくさん知れてよかった。
  • 本日のような感じで。
  • お客さんのような参加しかできなくて申し訳なく思っています。ラーマンさんの話はいつもいいですね
★アンケート回収14名(参加者23名)中、日本語教室で活動をされている方は8名

★ほとんどの方が、今回のイベントが良かったという評価をいただきました。
「開催してよかった~(^^)」スタッフ一同心から「ほっと」しています。またこのようなイベントが開催できればと思います。

 


「日本語と世界の文化について話そう!」

大阪にほんごボランティアネットワークは、今年で15周年を迎えます。
今回はその節目に、素敵なゲストを招いてお話を聞く会を開催します。
日本に住んで思うこと、日本語学習のことやマレーシアのお話などを伺いながら、
マレーシア料理の試食とお茶で楽しいひと時を。

ぜひ皆様、ご参加ください。

ゲスト講師: アブドゥル・ラーマンさん
(マレーシア政府観光局大阪支局スタッフ、FM COCORO DJ)

開催日時: 2014年10月4日(土)18:30~20:00
参加費: 500円(資料代含む)
※マレーシアのナシゴレン(焼飯)の試食とテー・タレ(ミルクティ)付

申込み: メールでお申込みください。
メールアドレス linley_22@yahoo.co.jp
※件名を「ラーマンさん申込み」と記載の上、お名前、連絡先アドレス明記してください。

定員: 先着30名
締め切り: 9月27日(土)

会場: アーツ☆エンターテーメンド学院内 クロスロード四ツ橋
(大阪市西区北堀江1-1-27 イマイビル3F)
<アクセス>大阪市営地下鉄
四つ橋線「四ツ橋」駅下車3番出口すぐ
御堂筋線「心斎橋」駅下車7、8番出口徒歩5分

案内チラシ(PDFファイル)

 


日本語学習支援者ビギナー研修参加しました

大阪府教育委員会主催で開催された「平成25年度 日本語学習支援者ビギナー研修」に参加しました。
当ネットワーク会員の、安野さんと田村さんが講師として参加されたのでその様子を少しご紹介。

ビギナー研修1 ビギナー研修2

☆ 安野さんは、日本や大阪における外国人住民の状況や推移についてのお話から、子どもの状況などのお話を。
各言語の医療の問診表をみながら、ことばが分からないということの体験では、日本語を外国語として見るとどんな風に感じるのかというのが少しわかりました。
受講者からは、日本語学習支援ボランティアってこどばを教えるだけじゃないのですね、という感想もあり。安野さんの体験を交えたお話は分かりやすく興味深いものでした。

☆ 田村さんは、おおさか識字・日本語センターで行った大阪府下の識字教室、日本語教室のアンケート調査資料を基に、日本語教室の実際の様子についてお話いただきました。日本語ボランティアに求められるものは「共感力」「コミュニケーション力」「雑談力」とのこと。
識字についての説明もあり、ボランティアを始めるにあたって基本的な知識と心構えが学べるお話でした。というと堅苦しいようですが、終始笑いのある楽しい講座でした。

※研修スケジュールは下記の通り

第1回 9月14日(土)摂津市立コミュニティプラザ
テーマ:地域社会における外国人の状況と地域日本語教室の意義
講 師:安野勝美さん(大阪にほんごボランティアネットワーク)
第2回 9月21日(土)摂津市立コミュニティプラザ
テーマ:日本語ボランティアとして求められること
講 師:田村幸子さん(おおさか識字・日本語センター事務局長)
第3回 9月28日(土)茨木市立男女共生センターローズWAM
テーマ:日本語とはどういう言語か
講 師:于 涛(イ タオ)さん(八尾市立北山本小学校教諭)
第4回 10月5日(土)高槻市立富田青少年交流センター
テーマ:日本語学習活動の方法と素材、教材
講 師:バティ シュレスタさん(国際交流の会とよなか)

 

 


こどもひろば母語支援者養成講座

こどもひろばでは、設立当初からダイレクトとよばれる母国で中学を卒業して来日し、日本の高校への進学を目指す子らが毎年参加しています。どこにも属すことができず、情報もなく、受験準備の方法もわからないそんな彼らの高校進学を果たすには支援が必要です。
教育委員会などでの受験資格の承認が必要なので、書類などをそろえて受験まで辿り着かなければなりません。その際の審査や相談の場面で母語の支援も不可欠ですが、書類や用語、受験制度などの説明が難解であったり、文化のちがいから理解が難しいことがあります。この講座で概略を知っていいただき、支援活動に役立てていただければと思います。

日時:11月10日~12月15日 毎週日曜 10:00~12:00
会場:大阪市立総合生涯学習センター 研修室

対象:日本語以外の外国語に一つ以上堪能な18歳以上の方
※母語支援活動可能な方に限らず、地域日本語教室などで外国にルーツをもつ子どもたちを支援する方も是非ご参加ください
定員:30名程度

第1回 11月10日(第5研修室)
「外国にルーツをもつ子どもたちの学校生活とは」
・外国にルーツをもつこどもたちの背景や状況について学びます
講師:棚田 洋平(こどもひろば)

第2回 11月17日(第3研修室)
「日本の学校制度と大阪における高校入試制度」
・日本と外国との学校や入試制度のちがいを意識しながら支援活動に必要な知識を学びます
講師:鵜飼 聖子(こどもひろば)

第3回 11月24日(第5研修室)
「大阪の高校について」
・大阪にはどんな高校があるのか、どんな学科があるのか、外国からの生徒が多く通う高校を中心にお話しいただきます
講師:橋本 義範氏(元大阪府立八尾北高校教員、おおさかこども多文化センター事務局長)

第4回 12月1日(第5研修室)
「応募資格審査について」
・母国で中学を卒業した場合の府立高校受験に必要な手続きを学びます
講師:三好 由美氏(大阪府教育委員会事務局 教育振興室高等学校課 学事グループ)

第5回 12月8日(第5研修室)
「資格審査について(ロールプレイ)とディスカッション」
・具体的な事例で必要な手続きを確認し、経験者の話をききます
講師:鵜飼 聖子(こどもひろば)ほか

第6回 12月15日(第2研修室)
「通訳現場での心構えや留意点」
講師:木村 雄二氏【RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)】

申し込み&問い合わせ:(公財)大阪国際交流センター 情報企画部
TEL 06-6776-8989 FAX 06-6776-8421

講座詳細および案内チラシ

※電話、FAX、HPのメールフォームのいずれかで氏名、連絡先、日本語以外の堪能な言語をお伝えください(定員になり次第受付終了します)